神道神祇本廰は 古来の“祭祀”を継承して神社の興隆を図り、新たに団体・職域の神社を建立し、時代に即した“祭事”を創出します。神職養成講座・伯家神道講座 開催。神道神祇本庁出張祭祀相談。大祓 毎年6月/12月(詳しくは弊ホームページをご覧ください)

神道 Q&A

  • HOME »
  • 神道 Q&A

おみくじ1神社はずいぶんと私たちの身近にあるようでいて、ふと考えてみると知らないことがずいぶんとあります。そうしたさまざまな神社のあれこれをわかりやすくQ&A形式でまとめてみました。

神社やその祭事は、私たち日本人の心の根底に深く結びついています。たとえば毎年11月23日、全国の神社で行なわれる「新嘗祭(にいなめさい)」ですが、「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意昧し、五穀の豊穣を祈願した2月17日の「祈年祭」と相対しています。そしてこの日、宮中では天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉るとともに、御自らも召し上がります。新嘗祭の起源は古く、記紀にも天照大御神が新嘗祭を行なったことが記されていますが、現在では「勤労感謝の日」として国民の祝日となっているのです。一説によるとその祝日名も、命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝をし合うことに由来しているといわれています。

まずは、神社を通して日本人としてのアイデンティティを探りましょう。

 

PAGETOP
Copyright © 神道神祇本廰(神道神祇本庁) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.